立派なホームページが出来ました…売上倍増・集客アップ!?

ホームページを公開すれば、バンバン売れる?人がたくさん集まる?

そんなことを信じていらっしゃる方がまだまだ、多いようです。「インターネットからの注文が売上の8割以上で、儲かってます」など、景気の良い話を聞くと、『自分もホームページ出せば…』や悪い業者に『ネットビジネスの無限の可能性』を教え込まれ、一大発起!ショッピングモールサイトに出品…結果は、売れませんでした。3ヶ月の契約で、更新はしませんでした。よく耳にする話…。あるあるすぎて…。

『結果を求めるお客さんには、出来る努力無くして成功はしません』ということを、事前にお話させて頂きます。ショッピングモールサイトなどに出品する場合には、専属の係が必要ですし、広告費なども相当の出費になります。
費用対効果を見極めて、お金をかければ当然、結果も素早く出て、「ひゃっほー」できるのです。

じゃ、費用をかければ成功するのか?!費用をかけても成功しない時もあります。これまで商売をされている方なら理解できるかと思いますが、そんな甘いものじゃぁありません。費用をかけても、サイトを維持するために、あの手この手で毎日大忙し、寝る間もおしんで働き、結果が出るのです。
お金をかけずに、心を強くもって、売上・集客アップする方法もあります

現在は、無料で利用できるSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を活用する方法をオススメしています。
Facebook、Twitter、ブログ、mixi、Youtubeなどがこれにあたります。「あーブログなら定期的に書いていますけど、全く効果がありません!(どや」…そんな方必見!ブログの活用法!
SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の活用法

SNSとは、「人と人のつながりを促進・サポートするコミュニティ型webサイト」
日本人SNSの利用者数は、以下の通りです(データは、「まとめサイト」の引用もとから引用しております)

Facebook 1,400万人
Ameblo 2,000万人
mixi 2,711万人
Twitter 2,000万人
Youtube 3,000万人

今回は、ポピュラーで効果的なブログについて掲載させていただきます。

ブログの有効活用は、出来ていますか?

下記項目にあてはまるものが無いか、ご自身でチェックしてみて下さい。

  • ブログを通じてお客様を集客できていますか?
  • キチンと更新出来ていますか?
  • 日記になっていませんか?

何をテーマにどうブログ書けば良いかわからない

テクニック以前に大事な事、「何のためにブログを書くか」という「目的」をはっきりさせることが大事です。ガーデニングが趣味の方が、自分の庭や花を紹介したいわけじゃありません、売上アップ・集客が目的であれば、日記を見て売上が伸びたり、集客が出来れば”楽”ですね。

あなたのブログに、どんな目的で閲覧されているかを知りましょう

ブログには、どんなキーワードでそのブログに訪れたかを示す『検索キーワード』があります。それが、あなたの商売に関することでしたら、頑張って継続し頻度を増やせば、必ず結果はついてくるでしょう。
例えば…私は、ホームページを制作する仕事をしていますが、趣味であるゲームの話ばかりをブログに掲載していたとしましょう。ゲーム好きとは、交流できても、ホームページ制作の依頼は…。確立が悪すぎますよね…。

もしくは、私が「宮崎の良さを発信していきます」的なブログを更新していたとして(ry
もし、あなた書いたブログが上の悪い例にあてはまり、なおかつ売上アップ・集客アップしたいのなら軌道修正する必要があると言えます。

ブログの有効活用 —ちょっとした工夫 アクセスのとれる3つの条件

  • 役に立つ情報が載っている
  • 読んでいて面白いもの
  • 更新頻度の高いもの

上の3つを守っても検索して上位ヒットしなければ、閲覧して貰えないのでブログタイトル等もちょっとだけ工夫しましょう

例えば…
宮崎(地方)にいても、30代で独立開業40代の現在!ウェブプロダクション エム の人がホームページ制作で稼ぐ方法
ポイントは、地域、年齢層、屋号、業種 が入っていることです。

役にたつ情報が載っている
『役にたつ情報』は人それぞれちがいます。
例えば…宮崎のグルメ情報を知りたがっている人は、別に自分(ウェブプロダクション エム)のブログを見て欲しいとは思っていません。『ホームページ制作を依頼したい人』に見て欲しいです。ホームページ制作を依頼したい人が、役に立ちそうな内容…!!!
このページ!!!(笑) 少しは役にたっているでしょうか(笑)

読んでいて面白いもの
面白いって…面白いと感じるポイントが人によってそれぞれ違いますから…ふざけてる!にならないよう心がけましょう

更新頻度の高いもの
更新頻度をあげるために「今日の出来事」などのテーマをつくって更新していく→刺激のない毎日にうんざりする→反応もイマイチでやがて「これだれか読んでんの?」やがて更新をやめる←今ココ。
と、ならないよう更新頻度をあげれるテーマをしっかり決め更新していきましょう。

この内容で、お客様にセミナーを実施いたしましたので、まとめとして掲載させて頂きました。次回は、ホームページ制作のコツにもどりたいと思います。